Update Password
Old Password
Input Old Password
New Password
Input New Password
Again Password
Again New Password
Update Password Password Error
Password Changed Success, Please Log In Again With The New Password
OK
Forgot Password
Account
Input Account
Error Message
Member Login
Account
Input Account
Password
Input Password
Account Or Password Error
Email verification code has been sent
Please go to this email    to confirm
Code    
Input Code
Account Or Password Error
Member Sign out
Sign out of Member ?
OK
Foxconnが主導するMIH コンソーシアム ジャパンモビリティショー 2023で 革新的なアーバン・モビリティ・ソリューションを発表
Home / News Foxconnが主導するMIH コンソーシアム ジャパンモビリティショー 2023で 革新的なアーバン・モビリティ・ソリューションを発表
Foxconnが主導するMIH コンソーシアム ジャパンモビリティショー 2023で 革新的なアーバン・モビリティ・ソリューションを発表
Foxconnが主導するMIH コンソーシアム ジャパンモビリティショー 2023で 革新的なアーバン・モビリティ・ソリューションを発表
MIH Consortium
Published On 2023-10-25
Views 2882
  • Project X(プロジェクトX)のコンセプトカーの発表

  • グリーンロジスティクスを支援するProject Y(プロジェクトY)

 

電子機器受託生産(EMS)の分野で世界最大規模の企業グループである鴻海精密工業Foxconn(フォックスコン)が主導するMIH コンソーシアム(MIH Consortium)は、2023年10月26日から11月5日まで東京ビッグサイトにて開催中のJapan Mobility Show 2023(ジャパンモビリティショー)において、最先端のアーバン・モビリティ・ソリューションを発表しました。発表の中心となったのは、待望のProject X(プロジェクトX)コンセプトカーと、スマート物流に関する包括的な戦略を提供するProject Y(プロジェクトY)です。これらのプロジェクトは共に、通勤者などのPeople Mover(ピープルムーバー)と、物流などのGoods Mover(グッズムーバー)の両方を対象とし、都市交通の変化に対応するソリューションを提供します。その中には、カーシェアリング、ライドヘイリング、フードデリバリー、物資輸送向けなどのオプションが含まれます。


MIH聯盟執行長鄭顯聰於Japan Mobility Show正式發布Project X三人座概念車.jpeg

3シーターのProject Xコンセプトカーを発表するMIH コンソーシアムのジャック・チェン最高経営責任者(CEO)


アーバン・モビリティを革新するProject X

MIHコンソーシアムは、アライアンス初のモビリティ分野で代表的な成果となる3人乗りコンセプトカー「Project X」を発表しました。若い世代が自動車に関して所有から利用を優先する中、このコンセプトカーは都市生活に自由と革新を吹き込み、モビリティ・サービスプロバイダーにユーザー体験を向上させる新たな機会を提供します。

MIH Project X概念車專為共享體驗而生,鎖定People Mover和Goods Mover市場.jpeg


Project Xコンセプトカーは、次のような革新的な特徴を備えています。

  • 2+1アダプティブ・シート: 2人乗りも3人乗りでも柔軟対応できる多彩なシートアレンジを提供します。

  • 交換可能なバッテリーシステム:独自の固定式バッテリーシステムとバッテリー交換デザインを組み合わせることで航続距離への不安を解消します。またバッテリー交換システムのパートナーの1社であるGogoro(ゴゴロ)のバッテリー交換エコシステムを利用できます。

  • 自動運転への対応:RoboTaxiや自動配送のような革新的なサービスを提供するプロバイダーや、自律走行車両を利用する企業向けに、自動運転レベル2からレベル4までカスタマイズ可能です。

  • 効率的なスライドドア:乗客の迅速で快適な乗降と、荷物の迅速な積み下ろしに最適化されています。

  • コンパクトな車両デザイン:1つの駐車枠に2台の車両を収容できるよう設計されており、フリート(車両管理)オペレーターの駐車スペース利用率を高めます。

  • 耐久性に優れ、メンテナンスがしやすい内装:内装には、磨耗や汚れに強く、お手入れが簡単な素材を使用しています。

MIH Project X概念車輕巧卻有大空間-1.jpeg


Foxconn Industrial Internet(フォクスコン・インダストリアル・インターネット、以下FII)との連携強化

MIH コンソーシアムは、Project Xの設計と技術の向上に取り組んでおり、車載インフォテインメント(IVI)および電気電子アーキテクチャ(EEA)の分野でFIIと重要な協力関係を確立しています。FIIは高度な情報通信技術(ICT)の豊富な専門知識を基盤に、EVコンポーネント市場におけるTier1サプライヤーとしての地位を急速に確立しています。現在は、事業の領域を広げ、「スマート・ドライビング」、「スマート・キャビン」、「スマート・コネクティビティ」という3つの重要な自動車の分野に進出し、包括的に製品ソリューションを提供しています。

 

自動車業界が、車両設計の一元化、部品の合理化、車両の軽量化へとシフトする中、FIIは自動車メーカー向けにコンサルティング・サービスを提供し、イノベーションをもたらし、業界の競争力を高めるスマート・ソリューション開発を支援しています。


グリーンロジスティクスを推進するProject Y

MIH コンソーシアムは、乗客モビリティだけでなく、Project Yを通じて物資輸送のニーズにも取り組んでいます。この包括的なソリューションには、電気トラックや電気商用バンの開発、最先端の車両・エネルギー管理ソフトウェア、エネルギー・インフラのコンサルティング、炭素追跡プラットフォームなどが含まれます。Project Yは単に輸送効率を高めるだけでなく、ロジスティクス・プロバイダーによる二酸化炭素削減目標の達成とグリーン輸送の推進を支援するというアライアンスのコミットメントを実証するものです。


MIH コンソーシアムは、都市の持続可能なモビリティ・ソリューションを構築するというミッションを掲げています。

MIH コンソーシアムの最高経営責任者(CEO)である ジャック・チェン(Jack Cheng)は、次のように述べています。「私たちのビジョンは、単にA地点からB地点に移動する手段を提供することにとどまりません。今回発表された様々な取り組み、特にB2Bのお客様がガソリン車から電気自動車に移行する際の支援策を提供することは、業務効率と価値創造を高めるという私たちのコミットメントを示すものです。」


MIH コンソーシアム ジャパンモビリティーショー2023 出展概要

期間:10月25日〜11月5日

場所:東京ビックサイト 東ホール(E7-8 Hall.No.E7206)


Share this article
You May Be Interested